2017/03/11

ドライビングパレット那須基本コース38.413

 走行距離も2000kmを超えたので、慣らしも終了って事でドライビングパレット那須に持ち込んでみました。

 ちなみに、自己ベストタイムは

マーチ12SR ジムカーナ仕様(Z2・LSD有) 40.560秒
インプレッサスポーツGP3 (中古RS02) 43.184 (新品T1sport) 41.732秒

 でした。
 

 まず、朝1本目の肩慣らし走行。軽く流した走行で、43秒台を記録。(全く攻める気の無い走行だったので、正確な記録すら残しておらず)

 この時点で、既にインプレッサスポーツの古タイヤタイム超え。

 2速固定走行のまま数回走行して、少し慣れてきただけでの時点で40秒台。

 6本目には、39秒台に突入。

 それ以降は伸び悩みゾーン。車の早さに対して腕が付いてこれない感が謙虚になってくる。

 最終的に、この日は1速に落とさないでハンドル操作に専念した方が早いという結果となってしまいました。典型的な初心者状態ですな。

 スタートから右奥のワイドヘアピン進入で、インプレッサスポーツだと82km/h。S1だと94km/hが記録されていました。何気に車両重量はS1の方が100kg程重いので、ブレーキングポイントが今までにないほど手前になりました。

 ブレーキは、DIXELの低ダストタイプのMtype。サーキットで使うには、ちょっと力不足を感じました(無論、街乗りでは無問題)。一回位はノーマルブレーキでも走って比較するべきだったかと、ちょっと後悔。

 全てにおいてテンポが早いので、操作が全体的に間に合いません。

 マジックSのスラロームは、ESC ONのままだと、若干アクセルを抜かれてしまう制御が入る模様。S1のESCは、ON/スポーツ/OFFの3段階ありますが、基本的に介入されるほど姿勢が崩れないので、サイドターンまではしなかった今回は、スポーツで良さげ。


 S1初サーキットの感想は「乗りやすくだけど乗りこなしにくい」「乗りこなしにくいのにちゃんと乗りやすい」って感じでした(某漫画風)。

 まずは、このスピード感に目と体を馴染ませる為にも、あまり間隔を空けずに何度か走り込みたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

真岡鐵道SL重連運行

 真岡鐵道SLが重連運行するという情報を得たので、ドライブがてら見てきました。

 ツインリンクもてぎには割と行くので、真岡鐵道の線路沿いもちょいちょい通過する事はあるのですが、SLには一度も遭遇したことなかったんですよね。

 ちなみに、重連運行とは、機関車2両連結して運転すること。らしいです。そうする理由は良く分かりませんw

 前がC12で後ろがC11みたいですな。

 しかし、撮り鉄は相変わらずな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/22

もてぎASTPスリパリーコーナーリング 2017/1/22

 良いタイミングで、もてぎASTPのショートプラグラムが発生したので、S1で早速行ってきました。

 インプレッサスポーツGP3と比較して~

 まず、全体的に滑り出しにくい。思った以上に安定感あり。特に4駆の電子制御がなにかしている感触はないけど、クワトロさんが自然に仕事してると言うことなのか。 

 インプでは限界超えると4輪同時に滑り出して水平にコースアウトしていくが、S1の場合はフロントだけが逃げたり入りすぎたりする印象。

  車が軽いのかと思ったけど、車検証見る限りS1の方が60kg以上重いことになってる。タイヤの性能差なのかな。スタッドレス持ってくれば、あと2秒は稼げそう。

 ESCはオフにしたら、本当に沈黙してくれる模様。

 ABSは一瞬ロックまで効いてから、ワンテンポ遅れて滑り出す(と外から見ていたインストラクターの人が言っていた)。スポーツセッティングなABSみたい。

 正直、Sモデルといっても、馬力以外の中身は割と普通のままなんだろうなぁ、とか考えていたのですが、今日の挙動を見る限り、思った以上にスポーツ走行向けな中身しているのかもしれません。

 走行距離もそろそろ2000km超えるので、次回はサーキット走行を検討したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/30

Audi S1 Sportback quattro limited edition

 実はもう納車から1ヶ月ほど経過してしまったのですが、新しい相棒はAudi S1 Sportback quattro limited editionとなりました。

 未だに公式ページから消えないところを見ると、まだ完売してないっポイですなw

http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a1/s1_sportback.html

 予算的には、かなり無理してしまいましたが、MTくれくれ言うだけじゃなくて、やはり買える人が買えるときに買い支えないとね。

201612301

 特別限定仕様と言うことで、専用装備が沢山付いてますが、日本アウディが日本で売ってくれないだけで、ドイツでは普通に選べるオプションと思われます。

201612302

 まだ慣らし中で殆ど踏んでいないのですが、やはり馬力があるといろいろな面で楽です。

 何故か試乗車よりもパワーが出ている気がします。ドッカンターボ感がなく、定速からでも普通にパワーででいるような。うれしい誤算?

 もしかして、あの試乗車調子悪かったのでは?

 何はともあれ、正月休み中にある程度距離走って、慣らしを終わらせてしまいたいところ。

 その後、もてぎASTPでスピンとABSを試し、適当なサーキットでの横滑り防止のOn/Off動作確認はしておきたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/01

MDR-XB50BSBZ

 通勤用のBTイヤホンをSONYの「MDR-AS600BT」から「MDR-XB50BS」に買い換えました。

201612014

 というのも、買って1年くらいだと思うのですが、オレンジ色のゴム部分が、既にボロボロとなってしまったので…。

201612015

 ちっょと耐久性低すぎなんじゃないですかねSONYさん。といいつつ、またSONYですが。

 本当はEARINの様な完全ワイヤレスに移行したかったのですが、連続再生時間が厳しすぎるので、今回は見送りました。このジャンル、もっと流行ると思っていたのですが、あまり新製品もでていないようですな。

201612016

 ボリュームが増えて、多少操作性が良くなった。と思いきや。

 AS600BTでは、スマホ側とイヤホン側で別々にボリューム調整が効くので、かなり細かく調整できていたのですが、XB50BSではイヤホン側操作でスマホ側のボリュームが動くように仕様変更されてしまい微調整できなくなってしまいました。

 「ExtraVolumeSimple(音量微調整)」というアプリも試してみたのですが、XperiaZ3tablet cpmpact + SONYミュージックアプリ では、効果がないみたいです。

 スマホのボリュームだと、個人的には最小にしても結構大きめの音に感じるので、ちょっと我慢しながらの使用となり、ちょっとガッカリです。

[追記]
 ミュージックアプリの、オーディオ設定で、ClearAudio+やダイナミックノーマライザー等、音質をいじる機能を、全てOFFにしたところ、ExtraVolumeSimpleが効くようになりました。

 ミュージックアプリの音質機能が、システムボリュームの制御を上書きしてる感じだったみたいです。

 折角の機能が使えないのは残念ですが、所詮BT接続の音質なので、ボリューム優先で使用中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«間違える車選び2016 part7