« Mio FUSE購入 | トップページ | パイナップル 小型アクションスポーツカメラ 音声感知録画付 microSD32GB対応 720x480 30フレーム バイク 自転車 »

2016/04/13

Mio FUSE使い方

 説明書もろくに読まずに、適当に使っているので覚え書き。


 電源オフはない。普段は万歩計モード(今風に言うとライフトラッキングモード)。

 タッチ位置は、中央上部(A)とディスプレイの両端(B/C)。Aでモード切替等。BCで表示項目選択。

 A長押しすると「HOLD」と表示されるが、そのまま押し続けろという意味。


 基本となる動作モードの切り替え方は以下

歩数計モード
↓A長押し↑A長押し
心拍測定開始
↓A短押し↑A長押し
運動記録モード


 運動記録モードは、Mio内にログを残すモードだが、心拍測定開始した所から信号は飛んで来るみたいなので、別デバイスからセンサーとして使うだけなら、記録モードにする必要は無い。

 センサーを地面に対して水平にしないと、反応しない様にはなっている。自転車で使用する場合、常時水平になってしまうので、センサーを手首側に回して装着することで回避。

 長袖の下に装着すると、誤動作しまくる。タッチが滅茶苦茶敏感。

 それ以前に、袖の下に装着は、厚みがありすぎて無理がありすぎるし、LED表示を見るためだけに、袖まで捲りあげるのも無理がある。

 結局、長袖のシーズン中には、本体のLED表示は使い物にならず、別途何らかの表示デバイスと連携して、数値はそっちで見るのが現実的となる。


 とりあえず、誤動作防止対策として、現在はスクリーンロックモードで使用中。

 設定は、スマホアプリから、Screen lockをONにする。

 A短押しで、直近選択項目表示のみ反応。

 BC同時長押しで一時解除。1030秒?間無操作で自動再ロックとなる。


 心拍ゾーンは、スマホアプリから5段階で事前に設定しておき、ゾーン移ったときに振動で教えてくれる。のだが、上がっても下がっても振動2回なので、どっちなのか良く分からない…。

 ゾーン境界線の辺りで上げ下げしてると、振動しっぱなしである(w

 トレーニングの種類にもよるが、1ゾーンのモードに切り替えて目標とする心拍範囲のみ通知の方がマシかもしれない。

|

« Mio FUSE購入 | トップページ | パイナップル 小型アクションスポーツカメラ 音声感知録画付 microSD32GB対応 720x480 30フレーム バイク 自転車 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4271/63482969

この記事へのトラックバック一覧です: Mio FUSE使い方:

« Mio FUSE購入 | トップページ | パイナップル 小型アクションスポーツカメラ 音声感知録画付 microSD32GB対応 720x480 30フレーム バイク 自転車 »